亜鉛の効果や欠乏の悪影響と過剰摂取による副作用

亜鉛とは、人体でどのような働きがあるのかご存知でしょうか?体内には、約2gの亜鉛が含まれているとされており、亜鉛は細胞全体に存在しています。主に、その働きは、DNA、そしてたんぱく質の合成の際に必要な栄養素です。成人での亜鉛の1日に必要な摂取量は、男性18~29歳が9mg、女性18〜19歳は7mgと言われており、上限は30mgです。そこで、亜鉛の効果や、亜鉛不足による体への影響、そして、亜鉛の過剰摂取による、副作用など、紹介します。
MENU

亜鉛の効果や欠乏の悪影響と過剰摂取による副作用

亜鉛とは、人体でどのような働きがあるのかご存知でしょうか?

 

体内には、約2gの亜鉛が含まれているとされており、亜鉛は細胞全体に存在しています。主に、その働きは、DNA、そしてたんぱく質の合成の際に必要な栄養素です。

 

成人での亜鉛の1日に必要な摂取量は、男性18~29歳が9mg、女性18〜19歳は7mgと言われており、上限は30mgです。そこで、亜鉛の効果や、亜鉛不足による体への影響、そして、亜鉛の過剰摂取による、副作用など、紹介します。

亜鉛がもたらす効果とは?

亜鉛は、精子を作り、アルコールを分解する際にも必要です。また、免疫力を高め、糖の代謝に必要なインスリンを作るために必要な栄養素です。

 

ED回復にもお勧めできる成分なので、年を取るとともに意識して摂取するのが好ましいと言えます。

亜鉛が不足すると身体への影響はどうなるの?

子供の場合の亜鉛欠乏による症状では、成長障害や、鉄欠乏性貧血などです。大人のでは、皮膚炎、脱毛症、味覚障害、そしてインポテンツ(ED・勃起不全)などを引き起こします。

 

アメリカでは、亜鉛の事を「セックスミネラル」と呼び、精子の生成や、運動、女性の卵巣にも働きかける重要な栄養素です。男性の場合、このインポテンツの影響がかなり大きい栄養素と言えます。

 

亜鉛は、男性ホルモンミネラルで、テストステロン(男性ホルモン)の代謝に不可欠な栄養素で、亜鉛が不足してしまうと、前立腺の障害にも繋がってしまうのです。

 

亜鉛不足によるインポテンツ(ED・勃起不全)や精力の減退があった場合は、全身の障害を疑うべきだと指摘もあります。特に、腎臓患者の70%はインポテンツだと言われるほど高い関係性の可能性を示しています。

 

亜鉛は、主に、貝類(特にカキ)に多く含んでいます。しかし、亜鉛も、摂取した分を全て吸収できるわけではありません。効率よく吸収するには、クエン酸(レモンや梅干に多く含まれる)や、ビタミンC、動物性たんぱく質などと一緒に取ると、吸収率が上ります。

亜鉛の過剰摂取による副作用

亜鉛を摂取しすぎるという事は、そうそうないですが、30mg以上の摂取は控えましょう。副作用もありますが、一度に2gほどの量を摂取してしまった場合に起きます。症状は、主に嘔吐、めまい、胃痛、発熱などが挙げられます。

 

取りすぎの原因となるのは、サプリメントを大量摂取した場合でしょう。なので、食事などではまずありえないですが、稀に、缶詰の缶の容器から亜鉛成分が溶け出し、それを知らずに食べてしまい、中毒になると言うケースが報告されています。ミネラルの中では毒性の低い方だと言われていますし、用量しっかり守っていれば、大丈夫でしょう。

 

ED回復ナビ | サプリメント(精力剤)を使って無理なく回復を目指す!

関連ページ

ED回復にアルギニン!?摂りすぎると危険なアルギニンの効果と副作用とは?
最近どうも元気がない。持続しない。そんな風に精力の衰えを感じてきた時につい手を出したくなるのが精力剤と呼ばれるものやサプリメントです。多くの精力剤はマカ、すっぽん、ガラナなどを原料にし、亜鉛やクロムなどの男性機能に有用なミネラル、いわゆる「セックスミネラル」を含んでいます。しかし、精力というのはそもそも活力がなければ湧いて来ないもの。人間にとって活力の源となるもの、身体を形作りエネルギーの源となるものはやはりアミノ酸です。実際、多くの精力剤や男性機能回復を謳ったサプリメントにはアミノ酸が含まれています。ここではそのアミノ酸の中でも特に男性機能に関わりのある「アルギニン」について見ていきましょう。
男性の体力向上やED回復だけではなく、女性にもお勧めできるマカの効果とは?
あなたは、マカと聞いてどのようなイメージをするでしょうか?男性向け、体力向上、ED回復など、体を元気にするものとして認識されている方が多いと思います。しかしマカの栄養素にはまだまだ沢山の可能性が秘められているのも事実です。そこで、スーパーやコンビニで手軽に購入できる今だからこそ、『マカ』の魅力と注意点を紹介したいと思います。
勃起治療薬のバイアグラって安全なの?作用と副作用をご紹介
アメリカで、1998年に発売された、このバイアグラは、日本人が個人輸入を行い、使用上の注意を知らない状態で、用法容量を守らずに服用した事が原因で、さまざまな副作用が発生しました。バイアグラは、副作用が怖くて飲めないという方などが多いのではないでしょうか。このバイアグラは、一体どのような薬なのか、どのような作用があり、副作用があるのか、また、どの飲むタイミングで飲めば効果的なのかを紹介して行きたいと思います。
このページの先頭へ